わんちゃんも可愛くおしゃれ!

わんころも

犬服の型紙作成のコツ

犬服は値段も高価で、気軽に試着というわけにもいかないものです。
自分で作れると節約にもなりますし、お散歩も楽しくなりますね。
しかし、人間用の服の型紙でさえ一から制作するのは難しいものです。
犬服用となればその難しさに加えて、犬の生態に合わせた工夫が必要になります。
まず、犬種の問題です。
制作する服のデザインにもよりますが、単にサイズを変えるだけでは種類の違う犬には応用できません。
同じ身長の犬でも、足の長い犬種や犬種、胴の長さなど様々な違いがあります。
着心地とデザインを重視するなら、犬種に合わせたものを制作する必要があります。
型紙自体を販売する目的ではない場合は、モデルになる犬自身から型をとってしまうのもひとつの方法です。
新聞紙や広告など、やわらかい紙で大まかなパーツを作り、試着させて細かい部分を直すという方法です。
犬が嫌がらなければ頭で考えて最初から完璧なものを制作するより実践的で、初心者向けとも言えます。
慣れてきたら既存のものに手を加えるなどして、試着なしに作れるようになります。

犬が身に着ける衣装・犬服について

以前は犬などのペットは首輪をつけているのみとなっていましたが、近年ではペット用のアイテムが幅広く販売されるようになっており、その中にはペットのおしゃれとして人間同様に衣類が販売されていることも多くなっています。犬が身に着ける衣装は犬服と呼ばれており、名前の通り犬が着用する衣類のことを指しています。多種多様な犬種に合わせたサイズが用意されており、上半身だけのものからズボンやスカートがついているものまで幅広く販売されているところが特徴です。そのため、まるで人間のようなおしゃれをさせて楽しむことができますが、犬服を身につけさせることによるメリットは審美性以外にも多数存在しています。と言うのも、犬種によっては寒さに弱い・紫外線に弱い・歩いていると腹部がすれてしまって黒くなってしまったりヤケドをしてしまうなどの問題を抱えているものがおり、それらの問題を解決するという機能的な意味で着用させている飼い主もいるのです。また、犬の体毛が抜けてしまって室内で飼っている場合は掃除が大変だという飼い主にとっては、犬の毛を散乱させないための予防策として着せている場合もあります。犬服は自作することもできますし、ペットショップや専門店、インターネットの通販やオークションでも販売されているため、購入は比較的容易となっています。特に最近では手編みやリサイクル品などが主流となってきており、オリジナル重視やコスト重視などの傾向がみられています。

pickup

黒川温泉 旅館
アンティーク ソファ
陰山泰成に相談

最終更新日:2017/6/6

COPY RIGHT (C) わんころも ALL RIGHT RESERVED